ハッシュって!? 2016.06.21

「編集だけなら他に頼みます」というお客様の目の付けどころ!?

DSC_222611 なんでもやります!で請け負った仕事がうまく行き、 その後受注も増え、順調に仕事が動き始めた頃のことだ。 そのクライアントから、手強い案件の依頼があった。 これまでマガジン編集を中心にお引き受けしていたのだが、 商品開発も手伝ってもらえないかという内容だった。

何をどう始めたらいいのか? ノウハウも知識もまったくなく途方に暮れ、 「マガジンだけならお引き受けしますが・・・」と やんわり辞退をした。

すると、 「他の会社が断ったからお願いしているんです。 マガジンだけならやってくれるとこが他にもありますよ」との答えが・・・・。

なるほどと納得してしまった。 既にあるもの、やったことがあることを基準に 自分たちの強みややりたいことを決めがちだ。 スケジュールや品質を保証して見合ったお金を頂くことが商売だし、 やれないことは請け負わないのは間違っていない。

しかし、お客様はよく見ているなーっと感心した。 僕らが選ばれたのは、強みと勝手に思っていた マガジンの編集能力ではなく面倒な仕事、 悩み事もここに頼めばやってくれそうだという 「なんとかする力」だったからだ。

その世界の専門家にしかできないことだけで 仕事が成り立っているわけじゃない。 ほとんどのことが、やろうと思えばできることだらけだ。 つまらなそう、面倒くさそう、時間がかかりそう、 最初がそんな雰囲気だから誰もやりたがらない。

やったことがなくても、 やってみたら意外にうまくいった、 という経験ができたらしめたもの。 あとは、それって自分たちの仕事なの?やるべきことなの? と思い始めたら、やれば面白くなるんじゃない? ハマるんじゃない? と問い直せばいいだけだ。

この記事を読んだ方におすすめの記事